このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
079-266-2211
年中無休 08:30~17:30
強い家に住む事
この国では何よりの備えだ

家を建てる

「テクノストラクチャー」
を支える「テクノビーム」

一軒ごとの強さを保証する「構造設計」

高強度の構造が可能にする
住まいと空間のカタチ

テクノストラクチャーの家を支える
「テクノビーム」

木の強度は縦の力には強いが、横の力には強くない。

昔から日本人になじみのある「木」。木は環境にもやさしく、丈夫で長持ち。それは、法隆寺などの歴史的建築物を見ればおわかりいただけると思います。しかし、木には生育してきた縦向きの力には強く、横向きの力には弱いといった特性があります。つまり、柱のように木を縦向きに使う場合は十分な強度が期待できますが、梁のように横向きに使う場合は、強度が不足しがちになるといった弱点があります。

一棟ごとの強さを保証する「構造計算」

家の骨組みのバランスや強さを確認するのが「構造計算」。
しかし法律上、2階建ての木造住宅には義務づけがありません!

建造物を建てる際、災害に対する強さを確認する唯一の方法が「構造計算」です。世の中にある大きな建造物は、ほぼ全て構造計算を行った上で建てられています。しかし建築基準法では、木造2階建て以下の住宅は構造計算が免除されており、法律で定められている最低限の基準のみをクリアして建てられているのが現実です。テクノストラクチャーでは、確かな安全・安心のため、事前に構造計算を行うことを当然として、一棟ごとに骨組みのバランスと強さが保たれているかを確認しています。

お問い合わせ
079-266-2211

【営業時間】8:30〜17:30

  林 建 設 株 式 会 社 
住所:姫路市実法寺431-3 
電話:079-266-2211
FAX:079-266-0956